主要構造部を耐火(準耐火)構造にした建築物の竪穴区画

主要構造部が耐火(準耐火)構造の建築物で、地階または3階以上の階に居室があるものには、竪穴区画と呼ばれる防火区画を設ける必要があります。 この記事では、耐火(準耐火)構造である必要がない時に、結果的に耐火(準耐火)構造と…

つづきを読む

今年(令和元年)施行の法改正で拡大された、用途変更の確認申請不要な建物で見過ごされがちな既存遡及についての考え方について

このところ、立て続けにご依頼頂いた物件がある問題に直面し、今年施行の用途変更の確認申請の適用が200m2超となった事によって生じる難しい側面だと感じられたので、久しぶりに記事をアップする事にしました。 改修工事の遡及規定…

つづきを読む