建築士も読みたい建築のはなし

建築主、設計者、施工者の法的責任の関係性

建築に関わるプレイヤーの法的責任 建築主、設計者、及び施工者の社会に法的責任を図示してみました。今までは、主に三角形の内側だけの事が論じられてきたように思います。しかし、それぞれに対して「社会」という接点を考えてみました…

つづきを読む

既存不適格建築物とは?(1)-法3条の2、法86条の7-

法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物 既存不適格建築とは、竣工時は適法に建てられていたが、法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物のことです。 既存不適格建築物は、そのまま継続…

つづきを読む

完了検査・検査済証とは?

完了検査とは、建築工事の完了後に特定行政庁や指定確認検査機に申請する検査です。完了検査に合格することで検査済証の交付を受けられ、建物を使用できるようになります。 この記事では完了検査とはどのようなものかを建築基準法をもと…

つづきを読む

用途変更の確認申請-確認申請とは?(4)

建築物を用途変更する場合でも、用途変更後確認申請が必要となるケースがあります。この記事では、確認申請が必要となる用途変更はどういった場合なのかについて解説しています。 確認申請についての最後の記事です。その他の確認申請に…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き