建築士も読みたい建築のはなし

既存不適格建築物とは?(1)-法3条の2、法86条の7-

法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物 既存不適格建築とは、竣工時は適法に建てられていたが、法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物のことです。 既存不適格建築物は、そのまま継続…

つづきを読む

特定行政庁とは?限定行政庁との違い

特定行政庁とは、建築基準法で定められた建築確認などを行う行政機関で、建築主事を置く市町村など地方公共団体の長を指します。 この記事では特定行政庁の建築基準法上の定義や限定行政庁との違いを解説しています。建築主事や建築基準…

つづきを読む

排煙設備の基準とは?建築基準法と消防法の違い

基本的にどのような用途の建物でも、排煙上有効な開口部(排煙設備との違いは排煙設備の必要な要件参照)を設けなければなりません。住宅などでは大抵換気用の開口で規定を満たしてしまうため、一般の方は少し意外に思われるかもしれませ…

つづきを読む

耐火建築物とは?

耐火建築物は、主要構造部が耐火構造または政令で定める技術的基準に適合することに加え、開口部を防火設備とした建築物です。 この記事では、建築基準法上の耐火建築物の定義や、混同しやすい防火区画の耐火構造の規定との違いについて…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き