建築士も読みたい建築のはなし

建築主とは?建築基準法上の定義や解釈

「建築主」は建築基準法上の定義では、「建築物に関する工事の請負契約の注文者。又は請負契約によらないで自らその工事をする者」とされており、一般的な言葉では建て主や施主を指します。住宅やビルの建築工事や内装工事など、建築物に…

つづきを読む

主要構造部を耐火(準耐火)構造にした建築物の竪穴区画

主要構造部が耐火(準耐火)構造の建築物で、地階または3階以上の階に居室があるものには、竪穴区画と呼ばれる防火区画を設ける必要があります。 この記事では、耐火(準耐火)構造である必要がない時に、結果的に耐火(準耐火)構造と…

つづきを読む

確認申請手続きの流れと建築主、建築士及び諸官庁の関係

建築工事を行う場合の建築主・建築士・諸官庁の関係性を、確認申請手続きの流れと共に図示しました。※2020.7.20改訂(2013.10.28公開) 確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-や、建築主とは?にも書いた様…

つづきを読む

増築の確認申請-確認申請とは?(3)

建築物の増築を行う場合にも、確認申請の提出が必要になる場合がほとんどです。この記事では、増築という言葉の定義やどういった場合に確認申請が必要になるかについて、事例を交えて解説しています。 建築物を増築する際に必要な申請行…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き