[文京区の用途変更、耐震改修事例]確認申請不要な、銭湯から複合ビルへの改修を実現

第二次世界大戦の、戦後復興の必要性から建てられた銭湯を、当時施工した工事会社の想いを継承し、建物を取り壊さずに事業性を確保するため「銭湯らしさ」を残しながら複合施設に用途変更するプロジェクト。

銭湯から複合施設への用途変更を、建物のオーナーである鈴和地所から依頼された建築再構企画は、鈴和地所の想いである「銭湯を末永く人に喜んでもらえること」を大切にし、用途変更をする上で必要な最低限の整備に留め、その思いを形にすることをハード面からサポートしました。
それとともに、法適合調査や耐震補強などを行い、土地所有者との権利調整にも貢献しました。

プロジェクトの概要

昭和27年に竣工した木造建築の銭湯ですが、年代不明な増築箇所があるなど既存不適格な状態であり、地主との関係で取り壊せない事情があったため、取り壊さずに事業性を確保することが重要な建物でした。

鈴和地所の代替わりの際に銭湯休業を経て、他事業(飲食店などの複合施設)への利用の要望があり、既存不適格状態からの用途変更や構造改修などを含むことから建築再構企画に改修設計の依頼が来ました。

今回(耐震補強・用途変更)の改修工事も新築時に工事を担当した鈴和建設が再び担当し、本工事の大工の棟梁は、竣工後の改修工事の担当者であるなど、「銭湯の宮の湯」を人々が集まる場として街に残したいという鈴和地所はじめ関係者の方々の思いを形にすることが重要なプロジェクトでした。

プロジェクトの途中で核テナントであるギャラリーが決定したため、それに合わせて実施設計を行いましたが、「元の銭湯らしさを活かす」という鈴和地所の思いにテナントも共感し、双方の想いを踏まえて設計しました。

3階建てから2階建てに縮小などをし、確認申請の必要のない範囲での改修かつ耐震補強も行うことで、安全性への確保はもちろんのこと、コストとスケジュールを抑えました。

建築再構企画のサポート内容・ポイント

  • すべての関連法規の適法性を担保しつつ、関係者の要望である「銭湯らしさ」を残すための最低限の改修計画を立案
  • オーナーと土地所有者との権利調整のサポート
  • 確認申請の提出不要な範囲の計画とし、手続きやコスト、スケジュールの負荷を軽減

 

 

銭湯「宮の湯」の趣を残したままの外観。煙突にロゴマークを作成 

 

用途変更する際の最低限の整備を行った、元脱衣所(左)と元浴場(右) 

 

銭湯の釜部分をそのまま利用したギャラリー

プロジェクト基本情報

事業主 鈴和地所株式会社
所在地 東京都文京区
延べ面積 約275㎡
構造 木造
事業内容・用途 ギャラリー、事務所他
写真提供:山本康平
ロゴデザイン:SKG

 

あなたの建築は違法ではありませんか?建築基準法建築・法律無料チェック

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き