建築物とは?

■建築基準法上の建築物の定義

建築基準法上の「建築物」という言葉の定義は、一般的な建築物のイメージとは大きく異なっています。用語の定義は建築基準法第二条。少し長くなりますが、条文を引用します。

建築物
土地に定着する工作物のうち、屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)、これに 附属する門若しくは塀、観覧のための工作物又は地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設(鉄道及び軌道の 線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨線橋、プラットホームの上家、貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)をいい、建築設備を含むものとする。

門や塀、建築設備が含まれていること。プラットホームの上家等が除かれていることなど、かなり今まで抱いていたイメージとは異なるのではないでしょうか?
また、「屋根及び柱若しくは壁を有するもの」に該当すれば、「建築物」に該当するというのも少し驚きではないでしょうか。
定義を忠実に辿れば、バスの停留所や、カーポート、イナバ等の物置も「建築物」に該当することが分かると思います。
自宅の新築が終わり、これらを設置しようとする場合には、増築扱いにならないかどうか注意してください。(下記確認申請とは?(3)-増築の場合の確認申請-参照)

関連記事

確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-
確認申請とは?(2)-改修(リフォーム・リノベーション)の場合の確認申請-
確認申請とは?(3)-増築の場合の確認申請-
確認申請とは?(4)-用途変更の場合の確認申請-
完了検査とは?
主要構造部とは?
構造耐力主要な部分とは?

建築基準法(建築・法律)無料チェックを依頼される方は⇒コチラ

建築士も読みたい建築のはなしtop