2009年に代官山アドレスに託児所を計画した案。

3才以下の幼児が中心で幼児と乳児のスペースを分けること、幼児のスペースはプレスクールを行いたいためできるだけ落ち着いたスペースとすることなどが求められました。
幼児の安全を考え、角のないRの壁面を二枚設け、それの遠近でスペースを生み出すような提案をしました。

また、壁面の衝突防止用のクッションをカラフルな丸い形とし、インテリアのアクセントにしました。

保育所・託児所等設置への障害-代官山の託児所の事例-の解説ページへ

用途変更・適法改修・建築法規などのご相談、建築再構企画についてのご質問などは、下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。建築再構企画の代表的な業務内容や費用については、サービスメニューと料金のページで詳しく紹介しています。