地下機械式駐車場を用途変更・改修したオフィス

ユーザインタフェースの企画・デザイン・コンサルティングなどを行っている会社の一部施設移転のため、2層吹抜けの故障した地下機械駐車場部分をオフィスに用途変更するプロジェクト。

駐車場として使用していた地下を居室として使用するための法的規制や止水性、利便性をクリアにすることが求められました。

建築再構企画は、新たに設置する階段が既存床開口の範囲でつくるのであれば、確認申請の必要な増築に該当しないということと、居室となるため、駐車場時には不要だった排煙設備が必要になりますが、階避難安全検証法を用いて排煙設備を免除とすることを行政にも確認し、適法に改修しました。

また、地下駐車場をテナント貸しスペースに変更するにあたって、テナントを問わず必要になる階段や法的に必要な換気設備、消防用設備等について整理をし、テナントとなるコンサルティング会社の家賃交渉に貢献しました。

建築再構企画のサポート内容・ポイント

  • 確認申請不要にするための設計、その考え方で問題ないか行政との入念な協議
  • 確認申請を出さない場合の適法性を担保する改修計画
  • オーナーの設備費用負担のメリットを整理し、オーナーとテナントの明確な費用区分を提案

 

 

地下の機械式駐車場を撤去し居室とするためには排煙設備が必要だが、オーナーの希望で外観に手を加えない方針とした
 

 

地下を居室として使用するためには新たに階段が必要であるが、確認申請の必要な増築に該当しない範囲で階段を設けた
 

 

天井が高いことを利用し、開放性の高いラボとなった / 階段下を利用して打合せスペースを計画した

プロジェクト基本情報

事業主 株式会社softdevice
所在地 京都府京都市
延べ面積 約1,091㎡(うち改修計画部分296.84㎡)
構造 鉄筋コンクリート造
事業内容・用途 事務所