建築士も読みたい建築のはなし

既存不適格建築物とは?(3) -既存不適格の範囲2:令137条の2~12-

法86条の7第1項で定められた規模 法86条の7第1項で定められた、規定を受けない規模は令第137条の2~12の条項で規定されています。下記に要点をまとめます。 ・令第137条の2:構造耐力関係 ⇒下記で詳述します。 ・…

つづきを読む

建築主、設計者、施工者の法的責任の関係性

建築に関わるプレイヤーの法的責任 建築主、設計者、及び施工者の社会に法的責任を図示してみました。今までは、主に三角形の内側だけの事が論じられてきたように思います。しかし、それぞれに対して「社会」という接点を考えてみました…

つづきを読む

排煙設備の必要な要件

排煙上有効な窓と自然排煙設備は違うもの 排煙に関する規定は分かりにくいし、設計者でも誤解している人が多いので、再度整理しようと思います。 排煙に関する規定は建築基準法施行令、百二十六条の二。 1.特殊建築物で延面積が50…

つづきを読む

建築主とは?建築基準法上の定義や解釈

「建築主」は建築基準法上の定義では、「建築物に関する工事の請負契約の注文者。又は請負契約によらないで自らその工事をする者」とされており、一般的な言葉では建て主や施主を指します。住宅やビルの建築工事や内装工事など、建築物に…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き