建築士も読みたい建築のはなし

建築基準関係規定とは?

建築基準関係規定とは確認申請で適合させる必要のある各種規定について定義された、建築基準法の規定です。確認申請では建築基準法以外にも、消防法やバリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)、建築物省エ…

つづきを読む

用途変更の確認申請不要な建物の既存遡及の考え方とは?改正建築基準法における注意点

2019年(令和元年)の建築基準法改正によって200m2以下の用途変更で確認申請が不要となりました。しかし、確認申請が不要であっても避難や排煙などの規定については遡及対応が必要な場合があります。 確認申請が不要となったこ…

つづきを読む

確認申請手続きの流れと建築主、建築士及び諸官庁の関係

建築工事を行う場合の建築主・建築士・諸官庁の関係性を、確認申請手続きの流れと共に図示しました。※2020.7.20改訂(2013.10.28公開) 確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-や、建築主とは?にも書いた様…

つづきを読む

既存不適格建築物とは?(1)-法3条の2、法86条の7-

法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物 既存不適格建築とは、竣工時は適法に建てられていたが、法改正等によって、現在の法律に適合しなくなってしまった建築物のことです。 既存不適格建築物は、そのまま継続…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き