建築士も読みたい建築のはなし

既存不適格建築物とは?(2) -既存不適格の範囲1:法と政令の関係と基準時-

法86条の7で定められた適用しない範囲 既存不適格建築物とは(1)-法3条の2、法86条の7-でも記載したとおり、法86条の7は既存不適格建築物に対して、増築等をする場合に適用しない範囲を定めています。 その範囲が具体的…

つづきを読む

耐火建築物とは?

耐火建築物の定義 耐火建築物とは、建築基準法第二条9の二には イ その主要構造部が(1)又は(2)のいずれかに該当すること。 (1) 耐火構造であること。 (2) 次に掲げる性能(外壁以外の主要構造部にあっては、(i)に…

つづきを読む

建築主、建築士及び諸官庁の関係と、確認申請手続きの流れ

工事を行う場合の手続きの流れ 工事を行う場合の建築主、建築士の関係性、及び諸官庁との関係性を手続きの流れと共に図示してみました。 確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-や、建築主とは?にも書いた様に、確認申請を提出…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き