建築士も読みたい建築のはなし

確認申請とは?(4)-用途変更の場合の確認申請-

建築物の用途変更する際に必要な申請行為 テナントとして物件を借りる際に、その物件の用途を変更する場合、変更後の用途が確認申請とは?(1)で説明した第一号の用途、つまり別表第一の特殊建築物になり、かつその変更後の面積が20…

つづきを読む

特定行政庁とは?

都道府県知事との違いは? 建築基準法を見ると、特定行政庁は用語の定義の第二条の最後に規定されています。 特定行政庁 建築主事を置く市町村の区域については当該市町村の長をいい、その他の市町村の区域については都道府県知事をい…

つづきを読む

主要構造部とは?

一般的な感覚とは異なる建築基準法上の主要構造部の定義 耐震偽装事件以降たまにテレビ等でも耳にするようになりましたが、「主要構造部」という言葉も建築基準法に定義されている言葉です。ですが、この言葉も建築物とは?に書いた建築…

つづきを読む

排煙設備の必要な要件

排煙上有効な窓と自然排煙設備は違うもの 排煙に関する規定は分かりにくいし、設計者でも誤解している人が多いので、再度整理しようと思います。 排煙に関する規定は建築基準法施行令、百二十六条の二。 1.特殊建築物で延面積が50…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き