建築士も読みたい建築のはなし

建築基準関係規定とは?

建築基準関係規定とは確認申請で適合させる必要のある各種規定について定義された、建築基準法の規定です。確認申請では建築基準法以外にも、消防法やバリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)、建築物省エ…

つづきを読む

同一防煙区画とみなせる場合、みなせない場合

二室以上の室を同一防煙区画とみなす場合 「個々に間仕切りされた室を同一防煙区画とみなす場合の取扱い」については建築物の防火避難規定の解説2005(第6版)75ページに以下のように記載があります。 間仕切壁の上部が排煙上有…

つづきを読む

竪穴区画と屋内避難階段の区画の違い

避難階段か否かで大きく変わる階段室の区画壁 階段室の区画の規定は、その階段が避難階段であるかどうかによって非常に大きく変わってくるので注意が必要です。 避難階段の設置要件 屋内避難階段の規定は建築基準法施行令百二十三条1…

つづきを読む

既存不適格建築物とは?(4) -既存不適格の範囲3:令137条の13、14-

法86条の7第2項で定められた遡及適用の緩和部分 法86条の7第2項では、法第20条と法第35条の一部をこの項で定義される「独立部分」に於いては遡及適用が緩和されることを定めています。 令137条の13では上記「法第35…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き