建築士も読みたい建築のはなし

改修の確認申請(大規模の修繕・模様替え)-確認申請とは?(2)

新築の場合の確認申請については確認申請とは?(1)で解説しましたが、改修(リフォーム・リノベーション)の場合には少し条件が異なってきます。 この記事では、建築物を改修・リフォーム・リノベーション(大規模の修繕・模様替え)…

つづきを読む

増築の確認申請-確認申請とは?(3)

建築物の増築を行う場合にも、確認申請の提出が必要になる場合がほとんどです。この記事では、増築という言葉の定義やどういった場合に確認申請が必要になるかについて、事例を交えて解説しています。 用途変更や適法改修の具体的な事例…

つづきを読む

既存不適格建築物とは?(2) -既存不適格の範囲1:法と政令の関係と基準時-

法86条の7で定められた適用しない範囲 既存不適格建築物とは(1)-法3条の2、法86条の7-でも記載したとおり、法86条の7は既存不適格建築物に対して、増築等をする場合に適用しない範囲を定めています。 その範囲が具体的…

つづきを読む

確認申請手続きの流れと建築主、建築士及び諸官庁の関係

建築工事を行う場合の建築主・建築士・諸官庁の関係性を、確認申請手続きの流れと共に図示しました。※2020.7.20改訂(2013.10.28公開) 確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-や、建築主とは?にも書いた様…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き