建築士も読みたい建築のはなし

建築主とは?建築基準法上の定義や解釈

「建築主」は建築基準法上の定義では、「建築物に関する工事の請負契約の注文者。又は請負契約によらないで自らその工事をする者」とされており、一般的な言葉では建て主や施主を指します。住宅やビルの建築工事や内装工事など、建築物に…

つづきを読む

今年(令和元年)施行の法改正で拡大された、用途変更の確認申請不要な建物で見過ごされがちな既存遡及についての考え方について

このところ、立て続けにご依頼頂いた物件がある問題に直面し、今年施行の用途変更の確認申請の適用が200m2超となった事によって生じる難しい側面だと感じられたので、久しぶりに記事をアップする事にしました。 改修工事の遡及規定…

つづきを読む

竪穴区画と屋内避難階段の区画の違い

避難階段か否かで大きく変わる階段室の区画壁 階段室の区画の規定は、その階段が避難階段であるかどうかによって非常に大きく変わってくるので注意が必要です。 避難階段の設置要件 屋内避難階段の規定は建築基準法施行令百二十三条1…

つづきを読む

法律違反?条例違反?

法律と条例の違い 「保育所・託児所等設置へ建築的障害」のページに、都内や横浜市内では条例によって、0㎡からバリアフリー法の規制がかかるという話を書きましたが、この規定に違反した場合には単に条例違反になるだけで、法律違反に…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き