建築士も読みたい建築のはなし

特定行政庁とは?限定行政庁との違い

特定行政庁とは、建築基準法で定められた建築確認などを行う行政機関で、建築主事を置く市町村など地方公共団体の長を指します。 この記事では特定行政庁の建築基準法上の定義や限定行政庁との違いを解説しています。建築主事や建築基準…

つづきを読む

同一防煙区画とみなせる場合、みなせない場合

二室以上の室を同一防煙区画とみなす場合 「個々に間仕切りされた室を同一防煙区画とみなす場合の取扱い」については建築物の防火避難規定の解説2005(第6版)75ページに以下のように記載があります。 間仕切壁の上部が排煙上有…

つづきを読む

増築の確認申請-確認申請とは?(3)

建築物の増築を行う場合にも、確認申請の提出が必要になる場合がほとんどです。この記事では、増築という言葉の定義やどういった場合に確認申請が必要になるかについて、事例を交えて解説しています。 建築物を増築する際に必要な申請行…

つづきを読む

完了検査・検査済証とは?

完了検査とは、建築工事の完了後に特定行政庁や指定確認検査機に申請する検査です。完了検査に合格することで検査済証の交付を受けられ、建物を使用できるようになります。 この記事では完了検査とはどのようなものかを建築基準法をもと…

つづきを読む

事例と図でわかる 建物改修 活用のための建築法規 適法化 用途変更 リノベーションの手引き