銀座「田屋」コンペ案-TIE BAR-(一次審査通過案)

2009年にCasa Brutus主催の銀座の紳士用品店「田屋」のリニューアルコンペに提出した案。

老舗のブランドらしく、既存店舗でもショーケースの上で顧客と店員が一対一の会話をしている様子が見えたため、「TIE BAR」というコンセプトを提案し、一階の中央にバーカウンターのようなネクタイを置くカウンターを設けました。

二階はサロンスペースとしても使用したいという要望から半透明のカーテンで間仕切り、落ち着いた雰囲気としました。

ファサードは常連客が離れるのを防ぐため、既存の建物の形態は極力手を加えず、吹付け材で既存の下地が少し残るような形としました。