proie

2013年に杉並区荻窪に計画したPanasonicさんの新業態「proie」のファサードデザイン。

「住まいの小さなお困りごとの解決や、心地よい住まいづくりのお手伝いをするサービス」とのこと。小規模リフォームの総合窓口としての店舗を計画したいとのことで、ガラス面のデザインをして欲しいという依頼でした。

計画の内容としては、建材をグリッド状に並べることを考えました。

ガラス面にはproieで行うメニューのアイコンを乗せた、透過性のフィルムを貼りました。

ガラス面からセットバックした内側には、内装材や植栽等を自由に吊るせる様にしました。

ピクチャーレールからワイヤーを吊り、それにビスでクリップを固定するというシンプルな機構としました。材料も特注品ではなく、全て既製品の組合せとしました。

このお店のサービスの特性を考えると、一品製作の特注品より、既製品を工夫して使う方がふさわしいと考えたからです。

現在では建材だけでなく、サービスの案内を吊るすなど、有効に使ってもらっているようです。