POROUS SCREEN / 凸凹

2007年に熊本県下通り商店街のアーケードコンペに提出した案。

アーケードだけでなく、通りの中央をさまざまなアクティビティを生み出すスペースを設置し、ファサードとトップライトも同じ幾何学で統一し一体感を持たせました。

屋根の上は緑化し、上階の部屋からはトップライト越しの商店街の様子が透けて見えるようになっています。