Playground of Lights

2010年にWORLDのインテリアデザインコンペに提出した案。

光で空間を作れないかと思いました。建築の分野では既に使い古されたアイデアですが、生み出されたカタチに劇的な光を落とすのではなく、本当に光が無ければ成立しない空間を、ショップのインテリアであれば作ることができるのではないかと思いました。

“sparkling jewel box”と名づけられた、光に包まれたdisplayを持つ壁、浮遊感を持たせた光る床と、その上に立てられた曲面ガラスのみで構成された場所。

それはまるで光の遊び場です。

透けるガラスの向こう側や、ミラーに映った人影のように、常に誰かの気配を感じる空間。それが新たな出会いを生み出すかもしれないと考えました。