HATSUDAI MANSION PROJECT

2007年にコンペに提出した案。

前面道路以外、周辺との空きがなかったため、奥行感を出すために住戸内に段差を設けました。

段違いになった住戸ブロックをうずまき状に、各種斜線を逃げながら上に積んでいき、最上階にはオーナー住戸を設けました。

全ての部屋が角部屋となるというメリットもあります。