建築主、建築士及び諸官庁の関係と、確認申請手続きの流れ

■工事を行う場合の手続きの流れ

koujinagare2

工事を行う場合の建築主、建築士の関係性、及び諸官庁との関係性を手続きの流れと共に図示してみました。
確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-や、建築主とは?にも書いた様に、確認申請を提出しなければならないのは、設計者でも施工者でもなく建築主です。
しかし、建築士法で一定規模以上の建築物は建築士でなければ設計できない事、そうで無くても設計という行為が高度に専門的な内容であることから、建築主は設計行為、及びその付随行為である確認申請等の法手続き業務を、建築士に委任するのです。
これにより、建築士は建築主の代理人として、申請手続きを代行します。
(図中「紫の線」部分。本来建築主が行うべき行為「赤の線」を建築士が代行して行う「青の線」を合せ、「紫の線」で表現しています。)

また、申請時に同時に協議を行うことの多い、消防の同意や、耐震偽装事件以降新たに制定された、第三者による構造のチェック(ピアチェック)である構造計 算適合性判定は、建築主や設計者が依頼するのではなく、建築主事がそれぞれ消防長(消防署長)、都道府県知事に依頼するものであることに留意して下さい。

関連記事

確認申請とは?(1)-新築の場合の確認申請-
確認申請とは?(2)-改修
(リフォーム・リノベーション)の場合の確認申請-
確認申請とは?(3)-増築の場合の確認申請-
確認申請とは?(4)-用途変更の場合の確認申請-
完了検査とは?
建築主とは?
建築主事とは?
特定行政庁とは?
建築主、設計者、施工者の法的責任の関係性

建築基準法(建築・法律)無料チェックを依頼される方は⇒コチラ

建築士も読みたい建築のはなしtop