仕事の進め方

 ■建築基準法(建築・法律)無料チェックの流れ

○STEP 1 お問合せ(お客様から)

まずはお問い合わせフォームからご相談内容と物件の概要などをお知らせ下さい。
※ご相談内容、物件の概要はできるだけ詳しくお知らせ下さい。それらが不明瞭ですと明確なご回答ができない場合があります。

○STEP 2 具体的な内容の確認(弊社から)

ご相談の内容について、私の方からメールで内容の確認をさせて頂きます。
具体的には担当の諸官庁、消防等への確認の可否、弊社協力会社への確認の可否(構造、施工に関わる内容等)などについてが主になります。
頂いた情報が不足している場合、追加で図面等の送付をお願いする場合があります。

○STEP 3 建築基準法(建築・法律)無料チェックSTART!

弊社にてチェックを行い、お客様の方でご了承頂ければ諸官庁、消防、あるいは協力会社等への確認を行ったのち、結果をメールにてお送りいたします。
お送りした内容についてお客様の方で不明な点、あるいは手続きが進んだ段階で疑問点等が出てきた場合には再度メールにてお問合せ頂ければ、何度でもご回答致します。

■なぜ、無料で法律チェックを行うのか?

○違法設計の排除

私は内装の改修工事の設計を多く行っていますが、あまりにも違法工事が多いことに驚いています。
特に確認申請を伴わない工事、あるいは建築後の増築やリフォームなどは設計施工で行われることが多く、単に知識不足であるために違法工事が行われていることがよくあります。
設計者としてそのような違法物件へのテナント工事、あるいは改修工事の依頼を受けた場合、そもそもオーナー様同士が契約まで至らず、設計にすら着手することができないという状況に陥ることが多々あります。
そのような状況を打破するため、計画段階で違法工事を未然に防ぐことが最も業界を活性化することにつながると考えているのです。

○違法物件の排除

最近の新築物件では少なくなりましたが、以前は完了検査を受けた後に違法に増築したり、改修した物件が少なからずありました。それらの物件の多くは、オーナーが変わる度に違法性を理由に市場では考えられないような安い値段で取引きされるようになり、また銀行も違法であることが理由で融資を受け付けないようになって次第に放置されるようになっていきます。
しかし、その様な物件も適正な是正手続きさえ踏めば役所や建築主事の「適法である」旨の文書をもらうことも可能です。そうすれば銀行の融資も得やすくなり、物件が売買されることも多くなるのではないでしょうか。
物件の売買が活発に行われるようになれば、テナントや改修の工事も当然増えてきます。それらも業界の活性化につながるのではと考えています。

■建築基準法(建築・法律)無料チェックを行うにあたってのお約束

○弊社からのお約束

・個人情報は厳重に管理します。

建築基準法(建築・法律)無料チェックを行うにあたってお送り頂いた個人情報、物件の情報等は個人情報保護法および関連するその他の法令・規範にのっとり、適切に管理致します。

・営業行為は行いません。

建築基準法(建築・法律)無料チェックを行う以外の営業行為は行いません。お客様からの御要望がない限り、本サービス以外をおすすめすることはありません。安心してお問合せください。
○お客様へのお願い

・ひやかしはご遠慮下さい。

無料だからといってひやかしや、明らかに他の営業目的、ネットワークビジネス等への勧誘などと思われる問合せにはお答え致しません。あらかじめご了承下さい。

建築基準法(建築・法律)無料チェックを依頼される方は⇒コチラ

■一般設計業務の場合の流れ

 基本計画
(約1ヶ月)※1
(無料)
 個別相談 ・基本的な要望、規模、予算などの聞き取り
・土地探しのお手伝い、アドバイス
・諸条件の整理
・問題点の洗い出し
・概算費用の算出
・性能・構造に関するアドバイス
 基本調査 ・役所、消防などで関係法令についての調査
・住宅ローン、節税対策など資金計画のアドバイス
・地盤調査などの構造検討に関するアドバイス

設計契約の締結

 基本設計
(約2ヶ月)※1   
 基本案作成 ・基本計画の内容を踏まえ基本プランを作成。
(平面図、立面図、断面図、模型,CGパースなど)
 基本案検討 ・基本プランを元に要望との相違点などを打合せ。
(間取り、天井高、水廻り、収納スペースの広さ等)
 修正案作成 ・基本案検討打合せを踏まえ、修正案を作成します。
(平面図、立面図、断面図、模型の修正等)
 基本設計終了 ・上記打合せにより基本事項が決まれば基本設計図としてまとめ、基本設計終了となります。

 

 実施設計
(約3ヶ月)※1
 実施設計図作成  ・基本設計の内容を踏まえ詳細なおさまりや、仕上げを決め、工事見積りを取るための図面を作成します。
 実施設計図修正  ・仕上げ材料や、詳細な使い勝手、設備等の打合せを行い、図面を修正します。
 工事見積入札  ・実施設計修正図を元に工事請負業者から見積りを取ります。
見積調整
業者決定
確認申請
 ・各社の見積内容を精査し、お客様との予算との調整を行います。
業者決定後、調整項目を修正し、実施設計図書として取りまとめ、実施設計終了となります。また、並行して確認申請図書を作成し、役所に申請します。

工事請負契約の締結

現場監理 工事監理業務  ・工事中はどんなに遠方でも、少なくとも一ヶ月に一度程度は設計図と相違がないか、不適切な工事が行われていないか等現場をチェックしに伺います。
また、現場に伺った際はお客様ともお打合せをさせて頂き、現場の進捗状況の報告や、現場での変更要望等をお伺いします。
特に鉄筋やコンクリートと木造部分との取り合い、下地金物等完成後隠れて見えなくなってしまう部分を重点的に確認します。本当の意味での建物の品質を左右する重要な業務です。

検査・お引渡し

検査立会い
設計検査
施主検査
行政完了検査
 ・工事終了後設計検査、施主様の検査、最後に役所による検査を行い、合格後お引渡しを行います。

建築再構企画top